梅林よつば保育園

広島市安佐南区でYYプロジェクト(ヨコミネ式教育法)を導入している園です。
トップページ
リンク
お電話でのお問い合わせはこちら082-830-5582

2011年2月13日 21:07 『横峯先生の講演会に行ってきました☆』

森分です(^o^)/

2/13(日)、みぞれの降る中、国際会議場まで横峯先生の後援会を聞きに行ってまいりました。

ホールは満員、大盛況でした。

お話の中身は、今回は『わんぱく子育て』という事で、親はどのように子育てをすれば良いのか、というお話でした。

要点は、子育ての上で、良い親になろうとする必要はなく、どの様に子供を自立させるかを考えなさい、という事でした。
自立させる為に、親がする事とは、
?人間として自立できるように
?経済的に自立できるように
?考え方、責任、目的をもつ、
という事だ、と言われました。

その為に、
?心の力
?学ぶ力
?体の力
を付けさせなさい、と言われました。

内容は横峯先生の著書のままでしたが、お話はとても面白く、感銘させられました。

その中で、一番心に残ったお話は、子供が10歳になるまでに、親は優位に立って、親の言うことは『絶対!』にする、という事でした。
10歳までにしておかないと、引きこもりや、親に暴力を振るい、親を支配する子になってしまう、とも言われました。

正しい親子関係を作る為には、10歳までの関わり方が大切なのだと、改めて思いました。

でも、横峯先生はこうもおっしゃいました。
親はどんなに子供に冷たくしても、子供は親についてくる、と。
ですから、悪いことをしたら、痛みに弱い男の子には、一発物差しで叩いて、泣こうが喚こうが、無視して、さっさと居なくなりなさい。そして、叩いた物差しをよく見える、子供の手の届かない所に置いておきなさい、と。
痛みに強い女の子の場合は、とことん無視しなさい。そうすれば、子供の方から親のご機嫌を取りにきます、と言われました。

良かったら、叱り方の参考にして下さい(笑)

戻るボタン