梅林よつば保育園

広島市安佐南区でYYプロジェクト(ヨコミネ式教育法)を導入している園です。
トップページ
リンク
お電話でのお問い合わせはこちら082-830-5582



発達の違いを感じる日常環境を提供する。



負荷をかけ、乗り越える場数を増やす日常環境を提供する

1.その子が出来る楽しい環境作りをする。
  出来ることは面白い
  面白いから練習する
  練習するとさらに上手になる
  上手になると次の段階に進みたくなる
2.個別指導をする
  一人一人の状態をしっかりと把握する
  その子にあった指導を探す
3.説明は短く、お手本を上手に活用する
  百聞は一見に如かず
  説明よりも、見せてあげる方が早い


◆「自主性」を発揮するために
  自分が何をしたいのか。自分は何が好きで、何が得意なのか。自分が自分の進むべき道を
  選択し決定する力を身につけさせる。


1.些細なことも認めて褒める
  しっかりと見ているからこそ、些細なことに気がつける
  しっかりと言葉に出すことで、認識につながる
2.視線を合わせる
  子どもの目線に合わせ、目を合わせることは、肌を合わせるように大切である
3.スキンシップを持つ
  肌を通して愛を伝える

◆「社会性」を発揮するために
  社会においては、自己主張だけでなく、自分を抑えることも大切な素養であり、
  子ども達にとって初めて出た社会=保育園という環境で学ぶ影響力は計り知れない。


1.「見る力」を身につける
  違いを発見する
  同じを発見する
2.「聴く力」を身につける
  大声でばかり喋らない
  ゆっくりでばかり喋らない
3.「考える力」を身につける
  「○○しなさい!」という指示ばかりを与えない
  「次は何かな?」「どうしたらいいかな?」という問いかけをたいせつにする


「覚える力を養う教育」→「考える力を養う教育」
 考える力を養う際に必要なのは「観察眼」です


「観察眼」に優れている子は、多くの優れた情報を入手し、その情報を処理する回数が多い子です。人間にとって情報を入手する手段は「五感」です。中でも「視覚」「聴覚」「触覚(感覚)」から得られる情報は、非常に重要です。 ですからこの三つの感覚を上げる事は、考える力を養う教育につながります。

「視覚=見る力」
 一流の芸術に触れる

「聴覚=聴く力」
  一流の音楽に触れる

「感覚=感じる力」
 一流のスポーツ・ダンスに触れる

これらの力はセンスとも呼ばれます。
センスの高い人は、自ら考える力も備えています。
考える力とは、新しいもの・ことを、生み出す力になります。













携帯用ホームページ

"));